バベルの図書館は完成しない

Extended outer memory module
for my poor native memory.

Posts:
2020/09/28 gendoc という YAML からドキュメントを生成するコマンドを作った
2020/09/13 ISUCON10 の予選を 7 位で通過した
2019/12/01 Puma の内部構造やアーキテクチャを追う
2019/05/27 Golang の正規表現ライブラリの処理の流れをざっくり掴む
2019/04/29 InnoDB の B+Tree Index について
2019/04/29 InnoDB における index page のデータ構造
2019/04/28 InnoDB はどうやってファイルにデータを保持するのか
2019/01/06 Designing Data-Intensive Applications を読んでいる
2019/01/03 年末年始に読んだ本について、など
2019/01/01 Ruby から ffi を使って Rust を呼ぶ
2018/11/10 ブラウザにおける状態の持ち方
2018/07/01 Rust で web アプリ、 或いは Rust における並列処理
2018/05/14 なぜテストを書くのか
2018/05/13 Rust で wasm 使って lifegame 書いた時のメモ
2018/03/12 qemu で raspbian のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/12 qemu で xv6 のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/03 Ruby の eval をちゃんと知る
2018/02/11 Web のコンセプト
2018/02/03 Rspec のまとめ
2018/02/03 Ruby を関数型っぽく扱う

忙しさと興味のバランスについて思うこと

ここのところいよいよ自分の興味があることに対して自分が何もすることができず、極めて強い無力感を心に刻むようになってきていて大変よろしくない

何もすることができないというのは言い換えると、僕の生活ではその生活スタイルや自分の気分などによって決まる「興味あるから触れてみることキャパシティ」みたいな量があり、生活の中で出会う興味や興味の種がそれを明確に越え始めているな、という状態だ

さらに言うと、これを解決するにはキャパを増やすか興味を減らすかがあり、僕は基本的には腕力で今までなるべく前者で解決しようとしてきたかあるいは自然に忘れることによって興味を少しずつ減らすということをしてきた(サラバ、愛しき興味たちよ)

これまでも限界を感じたことはあったが今回がいつもと違う気がするのは、キャパシティが仕事によって強烈に圧迫されている感覚を同時に感じているからなんじゃないかと思う

少し余談になるけど仕事によってキャパが減るというのは忙しいという言葉にすぐに置き換えられがちだけど、僕はこれを雑なラベル付けだと考えていて過剰にチャンスを減らしてしまう可能性があると思ってるからあんまり好きじゃない(自分自身も口癖のように「難しい」って言ってしまうけどこれも悪癖だと思ってやめようとしている)

その前提で話すと、複雑で大きいものがたくさん頭の中を占めていて他のことを考えるスペースが奪われており、その割にそれらは一向に整理されないから大きいままで我が物顔して頭の中に居座っているような気分だ。まるで頭の中に灰色のもやもやしたカビゴンでもいるみたい

計算機でいうとメモリ空間に雑に大きいサイズの領域を allocate していったが故に fragmentation が起きて次の allocate のための領域を確保できていないような状態かもしれない、すると必要なのは garbage collection や compaction か…

一番重要なのは僕はあんまりこういう状況が好きじゃないってことで、興味があることがこぼれ落ちている無力感なんて本当にかなり嫌なことの一つだし、どんどん集中することも難しくなっている、これは最低最悪と言っていいと思う。引き受けたものが多いのでなんとかするとか無理だから他の人に投げるとかしようとは思うけど、今後はそもそもこうした状態にならないような環境に身を置くように努力したいなと思う

一つの反省点としては成長と会社でのポジションが上がることを混同している節がどうやら僕にはあり、雑に近似しても問題ないケースが多いとは思うんだけど、とはいえそれって社内という閉じた組織での相対的な尺土だしなあと囚われすぎないようにせねばというところ。僕はどちらかというと草の根的に活動するのが性に合っているとたまに再確認してあげないとついつい忘れてしまうのでダメだな。

書くことで整理されてマシな気分になってきたけど、とはいえあんまり感触良くない年の瀬の近況でした

2020/12/09 00:43
tags: minipost
This site is maintained by furuhama yusuke.
from 2018.02 -