バベルの図書館は完成しない

Extended outer memory module
for my poor native memory.

Posts:
2019/12/01 Puma の内部構造やアーキテクチャを追う
2019/05/27 Golang の正規表現ライブラリの処理の流れをざっくり掴む
2019/04/29 InnoDB の B+Tree Index について
2019/04/29 InnoDB における index page のデータ構造
2019/04/28 InnoDB はどうやってファイルにデータを保持するのか
2019/01/06 Designing Data-Intensive Applications を読んでいる
2019/01/03 年末年始に読んだ本について、など
2019/01/01 Ruby から ffi を使って Rust を呼ぶ
2018/11/10 ブラウザにおける状態の持ち方
2018/07/01 Rust で web アプリ、 或いは Rust における並列処理
2018/05/14 なぜテストを書くのか
2018/05/13 Rust で wasm 使って lifegame 書いた時のメモ
2018/03/12 qemu で raspbian のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/12 qemu で xv6 のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/03 Ruby の eval をちゃんと知る
2018/02/11 Web のコンセプト
2018/02/03 Rspec のまとめ
2018/02/03 Ruby を関数型っぽく扱う

Ruby を関数型っぽく扱う

Jekyll で Github pages はじめた。

最近、関数型言語面白いなと感じるので Ruby でごにょごにょしてみる。

Object#method

関数をオブジェクト化していじる

# ふつうの関数定義
def square(x)
  x * x
end

# 関数をオブジェクト化
sq = method(:square)
# sq(2) => error

# call で呼び出す (call で呼ぶまで遅延評価している)
puts sq.call(9) # => 81

Proc

ブロックを利用してみる

# パターン1
def do_fn(x, &fn)
  puts fn.call(arg)
end

do_fn(16) { |x| x * x }
# => 256

# 上述の Object#method を利用しても同じことができる
def square(x)
  x * x
end

sq = method(square)

do_fn(16, &sq)
# => 256

& の役割を確認する

def print_fn(arg, &fn)
  puts fn.class
end

print_fn(0) { |x| x }
# => Proc
# ここからわかるように & は
# ブロックを Proc に変換している(#to_proc の実行)

# パターン2 (yield)
def yield_fn(arg)
  puts yield(arg)
end

yield_fn(256) { |x| x * x }
# => 65536

無名関数の作成

# Proc class のインスタンスをつくる(無名関数)
Proc.new { |x| x * x }
proc { |x| x * x }
lambda { |x| x * x }
->x{ x * x }
# どれも call で呼べる
# 細かい挙動は次に挙げるように Proc.new, proc と
# lambda, ->() で異なる

無名関数の定義の仕方による違い

# 前提:
# Proc.new と proc は同じ
# lambda と -> は同じ

# 違い 1: Proc.new => 引数の数が少なくても nil で補ってくれる
#         lambda  =>  引数の数が合わないと ArgumentError が発生する

proc = Proc.new{ |a, b, c| p "#{a}, #{b}, #{c}" }
proc.call(2, 4)
# => "2, 4, " (nil で補っている)

lamb = lambda { |a, b, c| p "#{a}, #{b}, #{c}" }
lamb.call(2, 4)
# => ArgumentError: wrong number of arguments (given 2, expected 3)

lamb2 = ->(a, b, c){ p "#{a}, #{b}, #{c}" }
lamb2.call(2, 4)
# => ArgumentError: wrong number of arguments (given 2, expected 3)

# ==============

# 違い 2: return 後の挙動が異なる

# Proc.new, proc の場合
def method_proc
  proc = Proc.new { return p "proc"}
  proc.call

  p "hi, my name is furuhama"
end

method_proc
# => "proc"
# 'hi, my name is furuhama' のプリント行にまで到達する前に return を読んで
# method_proc の実行自体を終了する

# lambda, ->() の場合
def method_lambda
  lamb = lambda{ return p "nyanko"}
  lamb.call

  p "method_lambdaaaaaaaaaaaaaa"
end

method_lambda
# => "nyanko"
#    "method_lambdaaaaaaaaaaaaaa"
# 'method_lambda' は lambda 式の中の return を読んでも
# 実行を終了しない(無視する)

# 一応 proc と ->() の場合も見ておく
def small_proc
  proc = proc { return p "small proc" }
  proc.call

  p "I will never be called"
end

small_proc
# => "small proc"

def method_arrow
  arr = -> { return p "->->->" }
  arr.call

  p "remember the milk"
end

method_arrow
# => "->->->"
#    "remember the milk"

カリー化する(部分適用できる形にする)

require 'date'

# 期間と対象日を引数として、対象日が期間に入っているかどうかを確かめる関数
# カリー化して季節を期間として定義しておくことで
# 別のタイミングで対象日を引数としてもらって確かめることができるようにする
season = lambda{|range, date| range.include? Date.parse(date).mon }.curry

# 季節の定義(もともとの関数の一つ目の引数を固定するようなイメージ)
is_spring = season[4..6]
is_summer = season[7..9]
is_autumn = season[10..12]
is_winter = season[1..3]

is_autumn['11/23']
# => true
is_summer['1/1']
# => false

# lambda 式に引数を渡して評価させる時に使える記法は
# hogehoge.call(argument) (= hogehoge.call argument )
# hogehoge[argument]
# hogehoge.(argument)
# などがある(上でやっているのもそのうちの一つ)

to_proc 定義による拡張

def try_fn(arg, &fn)
  puts fn.call(arg)
end

try_fn(2, &10) # => error

# Fixnum class に to_proc を定義するといける
class Fixnum
  def to_proc
    lambda { |x| self ** x }
  end
end

try_fn(2, &10)
# => 100

Symbol#to_proc

# メソッドをシンボル化したものを適用できる
# まずは適当に関数定義
class Fixnum
  def triple
    self ** 3
  end

  def three?
    self%3 == 0
  end
end

# map
(1..20).map(&:triple)
# => [1, 8, 27, 64, 125, 216, 343, 512, 729,
#     1000, 1331, 1728, 2197, 2744, 3375,
#     4096, 4913, 5832, 6859, 8000]

# select
(1..20).select(&:three?)
# => [3, 6, 9, 12, 15, 18]

# これらは以下と同値
(1..20).map { |x| x.triple }
(1..20).select { |x| x.three? }

# ちなみに inject(reduce) はこんな感じ
require 'prime'
(1..10).select(&:prime?).inject { |prod, n| prod * n }
# => 210

# シンボルを利用してこんな書き方もできる
(1..10).select(&:prime?).inject(:*)
# => 210

Symbol#to_proc を簡単に String に拡張してみる

class String
  def to_proc
    # #send は #__send__ のエイリアス
    # obj の self というメソッドの呼び出しを行う
    # ちなみに private なメソッドも呼べちゃう
    lambda { |obj| obj.send(self) }
  end
end

(1..20).map(&'triple')
# => [1, 8, 27, 64, 125, 216, 343, 512, 729,
#     1000, 1331, 1728, 2197, 2744, 3375,
#     4096, 4913, 5832, 6859, 8000]

# うまくいった

Symbol#to_proc を利用してポーランド記法っぽく書く

:**.to_proc[2, 16] # => 65536
:+.to_proc['rust', 'acean'] # => "rustacean"
:*.to_proc['nyaan', 2] # => "nyaannyaan"

fizzbuzz をやってみる

# fizzbuzz by functional way

class FizzBuzz
  def self.to_proc
    # `->n{` is ok as well
    lambda { |n|
      case n % 15
      when 0 then :FizBuzz
      when 3, 6, 9, 12 then :Fizz
      when 5, 10 then :Buzz
      else n
      end
    }
  end
end

puts (1..100).map(&FizzBuzz)
#=> 1, 2, :Fizz, 4, :Buzz, ...

参考:

2018/02/03 15:49
tags: ruby - fuctional
This site is maintained by furuhama yusuke.
from 2018.02 -