バベルの図書館は完成しない

Extended outer memory module
for my poor native memory.

Posts:
2020/09/28 gendoc という YAML からドキュメントを生成するコマンドを作った
2020/09/13 ISUCON10 の予選を 7 位で通過した
2019/12/01 Puma の内部構造やアーキテクチャを追う
2019/05/27 Golang の正規表現ライブラリの処理の流れをざっくり掴む
2019/04/29 InnoDB の B+Tree Index について
2019/04/29 InnoDB における index page のデータ構造
2019/04/28 InnoDB はどうやってファイルにデータを保持するのか
2019/01/06 Designing Data-Intensive Applications を読んでいる
2019/01/03 年末年始に読んだ本について、など
2019/01/01 Ruby から ffi を使って Rust を呼ぶ
2018/11/10 ブラウザにおける状態の持ち方
2018/07/01 Rust で web アプリ、 或いは Rust における並列処理
2018/05/14 なぜテストを書くのか
2018/05/13 Rust で wasm 使って lifegame 書いた時のメモ
2018/03/12 qemu で raspbian のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/12 qemu で xv6 のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/03 Ruby の eval をちゃんと知る
2018/02/11 Web のコンセプト
2018/02/03 Rspec のまとめ
2018/02/03 Ruby を関数型っぽく扱う

開発環境(物理)

12/25 に職場で使っているディスプレイが壊れてしまった。

Eizo のなかなかいいやつを使っていたのでショックだったけど、壊れてしまったものは仕方ない。(電源系統が逝かれたっぽい)

今までは MacbookPro を机の左側に置いて、正面に外部ディスプレイとしており、目の前に HHKB を持ってきて開発をしていた。(トラックパッドも外付けのものを注文していたのだけれど年内は届かなかった。) しかしディスプレイがお亡くなりになった今、 MacbookPro のディスプレイをみながら HHKB で入力をするのは中々難しく、結局 MacbookPro 単体で開発をしている。これも悪くないんだけど、ずっと手のひらをノート PC の上に置いていると熱くて汗をかいてしまうのと、 HHKB の気持ちいい(周囲からは多分うざい)打鍵感が恋しいので、満足しているかと言われるとそうでもない。

来年の開発スタイルをどうしようか思いあぐねている。もう一個ディスプレイ買ってもらおうかなあ。でも安い買い物ではないのでちょっと申し訳ない気持ちもする…。中々難しいところです。

僕がディスプレイに求める条件としては

書いててそんなに贅沢じゃない気もしてきたね。

2018/12/29 20:55
tags: minipost
This site is maintained by furuhama yusuke.
from 2018.02 -