バベルの図書館は完成しない

Extended outer memory module
for my poor native memory.

Posts:
2020/09/28 gendoc という YAML からドキュメントを生成するコマンドを作った
2020/09/13 ISUCON10 の予選を 7 位で通過した
2019/12/01 Puma の内部構造やアーキテクチャを追う
2019/05/27 Golang の正規表現ライブラリの処理の流れをざっくり掴む
2019/04/29 InnoDB の B+Tree Index について
2019/04/29 InnoDB における index page のデータ構造
2019/04/28 InnoDB はどうやってファイルにデータを保持するのか
2019/01/06 Designing Data-Intensive Applications を読んでいる
2019/01/03 年末年始に読んだ本について、など
2019/01/01 Ruby から ffi を使って Rust を呼ぶ
2018/11/10 ブラウザにおける状態の持ち方
2018/07/01 Rust で web アプリ、 或いは Rust における並列処理
2018/05/14 なぜテストを書くのか
2018/05/13 Rust で wasm 使って lifegame 書いた時のメモ
2018/03/12 qemu で raspbian のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/12 qemu で xv6 のエミュレート(環境構築メモ)
2018/03/03 Ruby の eval をちゃんと知る
2018/02/11 Web のコンセプト
2018/02/03 Rspec のまとめ
2018/02/03 Ruby を関数型っぽく扱う

引きこもり

C 言語の内部的な話(どうアセンブリに変換されるかという話)も面白いんだけど、C 言語利用者がどうやって C 言語を用いているのかという話も結構面白い。というか言語としてはこちらの方がメインの価値のわけだけど、、、

メモリ確保のインターフェースや戦略などは C 言語ベースの他言語の GC 戦略に関わってくる部分だし、標準ライブラリは意外なところで僕とも接点があるし。コンパイラも楽しいんだけどこれは基本的な概念を理解できれば今の所は問題ないかなという気がしてきている。

僕の目的はどちらかというとリンクのプロセスを理解したいということなので、 libc をみてどういうヘッダにどういうものがあるのか眺めるとか、どういうオブジェクトファイルを引っ張ってきてどんな風に elf バイナリ作るのかを眺めるとか、そういうことの方がいいのかもしれないね。

2018/11/18 23:13
tags: minipost
This site is maintained by furuhama yusuke.
from 2018.02 -